メニュー

関節リウマチ

リウマチの治療関節の内側にある滑膜と言われる部分が炎症を起こして、関節痛や関節の変形などをおこす疾患です。原因ははっきりとわかっていませんが、自己免疫疾患(自分の免疫が間違って自分を攻撃してしまう病気)の一つとされています。

関節リウマチの初期症状として、朝に手を握ることが困難になったりする「こわばり」の症状がでてきます。昼頃には症状が改善していることが多くありますが、これが長く続くようになると、関節痛が起こるようになり、症状が進行していきます。さらに症状が進むと関節の変形等を起こすことがあります。

診断・治療

血液検査やレントゲン撮影にて、リウマチの診断をします。

治療は抗リウマチ薬の飲み薬や注射を行います。

関節の変形が進んで生活が不便になった場合は手術による治療も行うことがあります。

現在のところ関節リウマチは、根治は難しいものの、症状の進行を遅らせたり、痛みを和らげたりすることができます。

早めの診断・治療が関節の変形を防ぐために重要であり、リウマチのような症状を示す別の病気のことも多くありますので、まずはご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME