メニュー

巻き爪

足の爪は、もともと巻きやすい性質がありますが、つま先に体重がかかることで力を打ち消しあい、まっすぐ伸びることができます。

しかし何らかの理由で(年をとって爪が伸びるのが遅くなる、生活習慣、靴が当たるなど)圧力のバランスが崩れて、爪が巻いたり皮膚に食い込んでしまうことがあります。

 

爪が食い込んでいるからといって爪の根元を焼いたりして幅を減らしてしまうと、一時的には良いのですが、体重を支えきれずに空いたスペースにさらにお肉が盛り上がってきてまた痛くなってしまうことから、

当院では爪を温存し、きれいに伸ばす治療を提案しています。

まずは塗り薬とテーピングで皮膚の腫れや膿を引かせる治療をし、痛みをとった後、爪が正しい方向に伸びるようにしていきます。

 

なかなか治りにくい巻き爪には、矯正ワイヤーを装着することでまっすぐ伸びるようにサポートしていくこともできます。

3TO(VHO)の特徴|巻き爪矯正技術3TO(VHO) (製品リンク)

こちらは自費診療で、指1本あたり11000円(税込)です。(初診料、再診料を含みます)

スポーツをする方、温泉によく行く方などは外れやすくなることがありますが、一回装着することでだいたい3-4か月ほど持ちます。

爪がまっすぐになった後ワイヤーを外してみても再度巻いてこなければ、治療終了です。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME