メニュー

椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの治療ヘルニアとは、「体内の臓器などが、本来あるべき部分から脱出した状態」を言います。

椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板がはみ出てしまい、神経を圧迫し、痛みやしびれをともなう病気です。

治療法としてはまず痛み止めの飲み薬、けん引、温熱療法や、神経ブロック注射による保存療法を行います。

はみ出た椎間板が自然に吸収されることもあります。

しばらく様子をみても症状が良くならない場合は、内視鏡やレーザー、またはヘルニア摘出術など外科的な手術をおこないます。

当院においては保存療法のみをおこないますが、手術が必要と判断した場合は専門病院へ責任をもって紹介いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME