メニュー

水虫・爪白癬の治療

水虫・爪白癬の治療白癬菌(はくせんきん)が足の指や裏など皮膚の角質や皮下組織を侵食する事によって炎症などが起きる感染症です。一般には水虫という通称で呼ばれています。

原因

通気性の悪い靴を長時間履いている方など白癬菌が繁殖しやすい環境にある方が感染しやすくなります。

治療

抗真菌薬の内服・外用で治療いたします。症状に合わせてクロトリマゾールクリーム、ケトコナゾールクリームなど塗布剤で治療を行います。

爪白癬においては近年、内服薬だけでなく、外用薬(クレナフィン外用液)も効くようになりました。肝機能障害等で内服できずに今まで治療をあきらめていた方はご相談下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME