メニュー

痛風の治療

痛風は、尿酸という成分が体内に蓄積し結晶化して関節にたまり、痛みを起こす病気です。

痛みは激痛のことが多く、風が当たっただけでも痛むほどであるとのことから、痛風と命名されたと言われています。

尿酸の結晶は重力によって足部に沈着しやすく、足の親指の関節や、かかと等に痛みをともなうケースが多くあります。

原因

プリン体という尿酸の原因になる食べ物や飲み物の摂りすぎや、精神的ストレス、水分摂取の不足も原因となることがあります。

治療

痛みと炎症をを抑える薬と、尿酸を減らす飲み薬を使って治療を行います。また、食事の気をつけ方なども指導いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME