メニュー

神経ブロックによる痛みの治療

神経ブロックによる痛みの治療神経ブロックとは、麻酔を用いて痛みを緩和させる治療法です。

神経ブロックには主に

  • 硬膜外ブロック
  • トリガーポイント注射
  • 近赤外線照射

3つの種類があり、痛みの症状によってこれらを選択します。

硬膜外ブロック

硬膜外麻酔と同様の方法で行う方法です。硬膜は脊髄を取り囲んでいる一番外側の膜で、硬膜と黄色靭帯との隙間のことを硬膜外腔と言い、ここに局所麻酔薬などを注入します。

トリガーポイント注射

筋肉などにある痛みのポイント(圧痛点)に直接、局所麻酔薬などを注射する方法です。

一般的な麻酔注射のイメージです。

近赤外線照射

高出力の近赤外線を皮膚を通して星状神経節に照射する方法です。麻酔を使う方法より効果は穏やかですが、注射や切開の必要がないため副作用や痛みが無く、負担が極めて軽い方法と言えます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME