メニュー

熱中症

[2018.06.30]

山梨県は梅雨が明けました

熱中症にならないために注意しましょう。

 

①乳幼児、高齢者、肥満傾向の人は要注意。

②風通しがよくないと屋内でも発症。(吐き気、めまい)

③こまめに水分補給。汗をかいたら塩分も補給。

④トイレの回数が減るのは危険信号。

⑤夜間、脚がつるのも脱水症状。

 

異変に気づいた時は医療機関に相談しましょう。

ブログカレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME