メニュー

腰痛対策

[2021.01.29]

すこし暖かくなってきて、活動しやすくなりましたね。晴れ

 

今日は、腰痛対策についてお話します。

 

重い荷物を運ぶ時、翌日腰が痛くならないかな・・・。と心配になる方も多いと思います。

腰に負担をかけない持ち方のポイント3つを紹介します。

 

OK膝を曲げてしゃがみ、背骨は真っ直ぐのまま立ち上がる

膝を伸ばして荷物を持ち上げようとすると、背骨に大きな負担がかかります。

背骨が一直線になるようにし、荷重が真下にかかるようにするとよいでしょう。

 

OK体の近くで持つ

おへそに密着させるように持つとよいでしょう。

 

OK腰をひねらない

ひねりの運動は、腰や腰を支える筋肉に負担をかけてしまいます。方向を変えるときは、足で行いましょう。

 

これは腰をいためないためのポイントですが、さらにらくに運ぶためのコツがあります。比較してみると結構ビックリしますよ目

それは・・・

 

OK重い荷物が上にくるようにして持つ

 

です。

重心が上にある方が重さを感じにくくなるため、軽い箱などの上に重い箱をのせて運ぶとよいでしょう。(落とさないよう注意!)

登山の荷物なども同様で、重いものを上の方に入れるとらくになります。

 

試してみてくださいね。

                                                薬袋整形外科

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME